Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ひかり電話対応ルータに不具合、NTT東西がソフトをバージョンアップ

NTT東西は、ひかり電話対応ルータ「RT-200KI」のソフトウェアに不具合があったとしてバージョンアップを提供している。

8月31日から提供を行っていたソフトウェアにプログラムミスがあり、メッセンジャーなどを利用した場合、特定の条件においてインターネットへの接続やひかり電話に不具合が発生する。問題児も本体ランプは「正常動作」を示すという。

同ソフトウェアが適用された台数は、最大12万2828台で、NTT東西合わせて823件の問い合わせが寄せられていたという。両社は、問題を改善したソフトウェアの提供を11月2日から開始。両社はダイレクトメールなどにより、事情を説明する謝罪状を送付するとしている。

ダウンロードページ(NTT東日本)
http://www.ntt-east.co.jp/ced/support/version/

ダウンロードページ(NTT西日本リンク)
http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本リンク
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2006/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ