Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガンホー、不正アクセスで仮想通貨ねつ造した元社員に損害賠償請求

「ラグナロクオンライン」が3月に不正アクセスを受けた問題で、同サイトを運営するガンホー・オンライン・エンターテイメントは、不正アクセスを行った元従業員に対して損害賠償請求を行うと発表した。

同事件は、当時の従業員が上司のIDを利用し、ゲーム内の仮想通貨を不正に得て売却し、金銭を得ていたもの。同社は事件発覚後に社員を懲戒解雇。さらに元従業員は7月に逮捕され、すでに不正アクセス禁止法違反で起訴、東京地方裁判所で10月に懲役1年執行猶予4年の判決が出ている。

同社は、同行為により信用毀損と機会損失のほか、諸費用など約7486万円の賠償を求めるとして、取締役会で決議した。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ