Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有名サイトで広告を出してまで拡散狙うアドウェアに注意

YouTubeといった有名サイトで広告を発信し、拡散を狙う偽セキュリティ対策ソフトが出回っている。

ウェブルート・ソフトウェアでは、同社スパイウェア検索ツール「Spy Audit」により情報を収集し、統計にまとめているが、同社が発表した2006年10月度のスパイウェアランキングでは、9月に登場した日本語ベースのアドウェア「SystemDoctor 2006」の増加傾向が見られたという。

「SystemDoctor 2006」は、セキュリティソフトを装ったアドウェア。ユーザーがインストールすると、あたかもウイルスが検出したかのようなアラートを表示し、ソフトウェアの購入などを迫る。

動画サイトYouTube上で広告されたり、掲示板の書き込みによる誘導などが行われており、さらには同様の手口を利用する「DriveCleaner 2006」の日本語版が登場していることから、同社では注意を促している。

同社が発表したランキングは以下のとおり。

アドウェア

1位:EasySearchBar
2位:GAIN
3位:Locators Toolbar
4位:Cydoor Peer-to-Peer Dependency
5位:ErrorSafe
6位:InternetOptimizer
7位:WinAd
8位:System Doctor 2006
9位: WhenU
10位:Multidial

トロイの木馬

1位:Trojan Hachilem
2位:Trojan-Downloader-Zlob
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:Trojan Agent Winlogonhook
5位:MagicControl
6位:Trojan-Downloader-searchnet
7位:UkVideo
8位:p2pnetwork
9位:Trojan-Busky
10位:Scumware-remover Trojan

システムモニタ

1位:Sc-Keylog
2位:007 Spy
3位:GhostLog
4位:Sword Keylogger
5位:Sturfajtn
6位:Win-Spy Monitor
7位:ICUSurf
8位:Hellz Little Spy
9位:AtomicLog
10位:Any@web

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率