Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先社員のPCが流出元と判明 - 旧高知市民病院情報流出

高知医療センター(旧高知市立市民病院)の患者情報約26万件が流出した問題で、業務委託先であるワールドビジネス高知センター社員の個人パソコンが流出元であることが判明した。

ワールドビジネス高知センターによれば、2005年2月から3月ごろにかけて同社員が個人パソコンで業務を行い、作業終了後もデータがそのまま削除されずに自宅へ持ち帰っていたという。その後、社員宅のネットワーク内にあったパソコンにインストールされていたファイル交換ソフトを介してデータが流出した。

流出したのは、旧高知市立市民病院の患者情報26万4717件、職員や専修医1331名が記載された名簿、およびネームプレート578名分など。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム