Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先社員のPCが流出元と判明 - 旧高知市民病院情報流出

高知医療センター(旧高知市立市民病院)の患者情報約26万件が流出した問題で、業務委託先であるワールドビジネス高知センター社員の個人パソコンが流出元であることが判明した。

ワールドビジネス高知センターによれば、2005年2月から3月ごろにかけて同社員が個人パソコンで業務を行い、作業終了後もデータがそのまま削除されずに自宅へ持ち帰っていたという。その後、社員宅のネットワーク内にあったパソコンにインストールされていたファイル交換ソフトを介してデータが流出した。

流出したのは、旧高知市立市民病院の患者情報26万4717件、職員や専修医1331名が記載された名簿、およびネームプレート578名分など。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を