Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本、顧客情報1614件がWinnyネットワーク上へ流出

NTT西日本の顧客情報1614件を含む業務関連ファイルが、Winnyを介してネット上に流出したことがわかった。

流出が判明したのは、同社が2001年12月に作成した業務関連ファイル。そのなかには、米子エリアの個人顧客464件、法人顧客が1150件など、顧客情報1614件が含まれていた。顧客名、住所、電話番号などが含まれており、該当する顧客に対しては、書面と個別訪問により謝罪するという。

同支店では、個人パソコンにおける業務情報の有無を改めて点検するとともに、情報の社外持ち出し禁止を再徹底するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター