Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーオークションを偽装したフィッシングサイトに注意

ヤフーオークションを偽装したフィッシング詐欺サイトが登場し、セキュリティベンダーが注意を促している。

Websense Security Labsによれば、同サイトは、ヤフーオークションの継続利用において更新手続きが必要と騙した上で個人情報を入力させるもの。スパムなどをユーザーへ送りつけることでウェブサイトへ誘引していると見られる。

正規サイトと勘違いさせるような酷似したデザインを用いており、ID、パスワードのほか、郵便番号や性別、生年月日、氏名、クレジットカード番号、有効期限、暗証番号、セキュリティコードなどの入力を求めるという。

(Security NEXT - 2006/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース