Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT Com、誤送信によるアドレス流出やデータ漏洩を防ぐメールシステムを提供

NTTコミュニケーションズは、誤送信による個人情報の漏洩を防ぐ「宛先分割・添付ファイル暗号化システム」を発売した。

同製品は、複数送信メールの宛先分割機能や、添付ファイルの自動暗号化機能などを搭載し、複数のメールを同時配信する際、宛先を誤って「TO」や「CC」に設定したことによるアドレスの流出や、誤送信による添付ファイルの流出などを防ぐメール送信システム。

「自動宛先分割機能」では、複数のメールを同時配信する際、送信サーバが自動で社外アドレスを認識し、社外に送るメールは個別に送信する。これにより、受信者以外のアドレスは表示されないため、流出を防ぐことができる。

また、「添付ファイルの自動暗号化機能」により、社内外を問わず全ての添付ファイルが自動で暗号化される。復号に必要なパスワードは別のメールで送られるため、データ漏洩の危険を軽減できる。さらに受信側の都合でこれらの機能に対応できない場合に備え、簡単な操作で機能を解除できる「例外処理機能」を装備した。

(Security NEXT - 2006/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか