Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高知医療センター、患者の個人情報26万件がネット流出

高知医療センター(旧高知市民病院の)は、の患者に関する個人情報がWinny経由でネット上に流出していたことがわかった。

流出が確認されたのは、旧高知市民病院の患者の氏名、住所、生年月日など個人情報。暴露ウイルスによる流出と見られ、流出件数は約26万件におよび、職員名簿も含まれる。同院では、流出した情報は氏名や住所、生年月日などに限られ、病名など診療情報の流出については否定している。

総務省の指摘で判明。流出の原因や経路については現在調査中としているが、情報の流出元は同医療センターではないことが確認したという。同院では、調査を続行して全容解明に取り組むという。

(Security NEXT - 2006/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ