Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西、ひかり電話不具合発生期間の料金請求せず

NTT西日本は、10月23日から10月25日まで同社IP電話サービス「ひかり電話」において繋がりにくい状態になったことを受け、問題となった期間の料金を請求しないと発表した。

同社のサービス提供エリア全域において、23日に一部発着信が行えない状態になったもの。輻輳状態になった原因は、中継系呼制御サーバと呼制御サーバとを連携する呼処理サーバの処理能力不足によるもので、翌24日は、同状態になることを避けるため、通話制限を実施した。

同社では、25日にサーバを増設し、処理能力を強化させたが、さらに「制御信号の衝突」が発生。高負荷状態が発生したことから、再度、安定化のためにサービスの制限なども実施したという。

同社では、同期間において「ひかり電話」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話ビジネスタイプ」を契約していた利用者を対象に、「月額基本料」「付加サービス利用料」「機器利用料」などについて、対象期間の料金を日割り計算の上、請求から除外する。

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2006/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も