Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊者情報475件がネット上に流出 - 青森県内のホテル

青森プラザホテルは、顧客情報475件がネット上に流出したと発表した。社員のウイルス感染パソコンから流出した可能性が高いとしている。

流出したのは、2003年4月から2003年10月29日の間に同ホテルを利用した法人の名称、住所、電話番号、および宿泊者個人の氏名など475件。10月25日に外部からの指摘により判明した。

同ホテルによれば、約3年前に社員が法人顧客情報を持ち帰り、自宅のパソコンでダイレクトメール用のリストを作成、そのまま削除されずに保存していた。今回、ウイルスした同パソコンが流出原因とみられている。当時同社ではリストの持ち出しを禁止していた。

同社では再発防止策として、業務資料の外部持ち出し禁止、情報管理部門の設置、情報セキュリティ基本規則の制定、内部監査の実施のほか、ログの保存などを実施する。

(Security NEXT - 2006/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社