Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊者情報475件がネット上に流出 - 青森県内のホテル

青森プラザホテルは、顧客情報475件がネット上に流出したと発表した。社員のウイルス感染パソコンから流出した可能性が高いとしている。

流出したのは、2003年4月から2003年10月29日の間に同ホテルを利用した法人の名称、住所、電話番号、および宿泊者個人の氏名など475件。10月25日に外部からの指摘により判明した。

同ホテルによれば、約3年前に社員が法人顧客情報を持ち帰り、自宅のパソコンでダイレクトメール用のリストを作成、そのまま削除されずに保存していた。今回、ウイルスした同パソコンが流出原因とみられている。当時同社ではリストの持ち出しを禁止していた。

同社では再発防止策として、業務資料の外部持ち出し禁止、情報管理部門の設置、情報セキュリティ基本規則の制定、内部監査の実施のほか、ログの保存などを実施する。

(Security NEXT - 2006/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局