Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カーナビユーザーのクレジットカード情報997件を紛失 - パイオニア

パイオニア、パイオニアモバイルネットワークス、インクリメントPの3社は、共同で提供するカーナビゲーションシステム「Air Navi」ユーザーのクレジットカード情報997件を記録したフロッピーディスクが、所在不明となっていることを公表した。

所在不明となっているフロッピーには、カーナビ「Air Navi」ユーザーのクレジットカード情報が記録されていた。2005年4月5日時点で、同製品の利用代金をJCBカードまたはAMEXカードで支払うよう登録していたユーザー997名の、カード番号および有効期限が含まれている。

フロッピーはインクリメントPが管理していたが、8月25日に同社内で棚卸しを実施した際、紛失が判明。誤って廃棄した可能性が高いという。該当する顧客に対しては、説明と謝罪を記載した書面を送付した。

また、同社では今回の事故を受け、金庫への入出庫管理の徹底や保管期間の見直しなど、再発防止に向けた業務の総点検を実施したとしている。

(Security NEXT - 2006/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定