Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アフィリエイト広告のガイドライン」を業界団体が策定

アフィリエイトサービス事業者などが参加する業界団体であるアフィリエイト・サービス協会は、「アフィリエイト・ガイドライン」を公表した。

同ガイドラインは、アフィリエイト広告の消費者保護や社会的な認知度向上などを目標としたガイドライン。アフィリエイトサービスにおける掲載者の不正行為や消費者への配慮が不十分な広告主、場合によっては詐欺商法などに用いられるといった状況などを配慮し、同協会が2006年2月より検討を重ねてきたもの。同協会によれば、同様のガイドラインは、世界でも他に類を見ないという。

アフィリエイトサービス提供者、広告主、アフィリエイトパートナーの遵守すべき行動を規定しており、個人情報保護をはじめとするコンプライアンスに関しても言及している。また、不正行為へ対抗するシステムを構築し、統一基準による対処を実施することを目指すという。

(Security NEXT - 2006/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も