Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自己復号機能を備えた暗号ファイルを自動作成するソフト - 三菱電機

三菱電機は、文書ファイルを復号機能を備えた暗号化ファイルへ自動で変換するソフト「三菱ファイル暗号ソフトウェアMistyGuard<CRYPTOFILE 自己解凍型暗号化コマンド>」を、10月26日より発売する。

同ソフトは、業務システムに組み込むことで、システム内の文書ファイルを自動で暗号化ファイルに変換するもの。復号用のアプリケーションが不要な暗号ファイル化ファイルを作成できるため、相手側でアプリケーションを用意する必要がない。

暗号アルゴリズムは、国際標準規格である128ビットブロック暗号の「Camellia」を採用。標準価格は472万5000円。

(Security NEXT - 2006/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア