Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTPC、レンタルサーバにシマンテックのスパム対策エンジンを採用

NTTPCコミュニケーションズは、同社レンタルサーバー「WebARENA Suite2」にて「迷惑メールフィルタサービス」を11月7日より提供する。

同社が運営するレンタルサーバサービス利用者全員に対して追加料金なしでスパム対策フィルタを提供するもの。スパム対策エンジンには、「Symantec Brightmail AntiSpam」を採用した。

同社では、今回の選定にあたり複数ベンダーの迷惑メール判定エンジンにて検証を実施。同製品におけるスパムの判定率が高く、誤判定も少なかったという。

同社のメールホスティングサービス「Mail Luck!」、ISPサービス「InfoSphere」、「プライベートブランドサービス」では、すでに自動判定型の迷惑メールフィルタを提供しているが、今年度中をめどに「Symantec Brightmail AntiSpam」へ移行し、同社が提供しているメールアドレスに対してもスパムフィルタを提供していく考え。

(Security NEXT - 2006/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も