Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカード利用票183枚を帰宅中に紛失 - 宝石ショップ

エフ・ディ・シィ・プロダクツは、10月5日、同社が運営する宝石ショップ「4℃」において、クレジットカード利用控え183枚の紛失が発生したと発表した。

紛失したのは、五反田TOCビルで行われたショッピングイベント「ザ・パーフェクトセレクション」に出店した同ショップにおいて、商品をカードで購入した顧客のクレジットカード利用票183枚。カード会社へ提出するための控えで、顧客の氏名や購入金額、およびカード名やカード番号、有効期限などが記載されていた。

従業員が自宅に持ち帰る際、タクシーの車内に置き忘れたのではないかとしている。同社では該当する顧客に対し謝罪するとともに、カード会社を通じて会員番号の変更を依頼しているという。

今後は個人情報の持ち帰りを全面禁止するとともに、個人情報の管理規程を見直しなどを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート