Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の氏名を含む行政情報が委託先からWinny流出 - 栃木県高根沢町

高根沢町が管理する住民情報38名分が、委託会社社員のパソコンからWinnyを介して流出したことがわかった。

流出したのは委託業者が住宅地図から作成した下水道事業の設計内容に関するファイルで、住民38名分の氏名が含まれていたという。10月10日に外部からの通報があり判明。11日には流出したファイルを特定した。

該当する住民に対しては、直接訪問して説明と謝罪をした。同町では再発防止に向けてセキュリティポリシーの見直しを行い、委託事業者に対し情報の厳重管理を指導したという。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン