Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとライトワークス、内部統制教育コンテンツをeラーニングで提供

日本オラクルとライトワークスは、社員研修向けの内部統制教育コンテンツを、eラーニング形式で提供開始する。

日本オラクルの企業向け業務アプリケーションの教育管理システム「Oracle Leaning Management」と「PeopleSoft Enterprise ラーニングマネジメント」の2製品に、ライトワークスの内部統制やコンプライアンス向け教育コンテンツを搭載して提供する。

日本版SOX法に関する基本的な知識や担当者が行う作業の概要、個人情報保護法への対策など、全22コンテンツが用意されている。これにより、社員はeラーニング形式で内部統制やコンプライアンスに関する知識や技術を修得できる。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も