Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとライトワークス、内部統制教育コンテンツをeラーニングで提供

日本オラクルとライトワークスは、社員研修向けの内部統制教育コンテンツを、eラーニング形式で提供開始する。

日本オラクルの企業向け業務アプリケーションの教育管理システム「Oracle Leaning Management」と「PeopleSoft Enterprise ラーニングマネジメント」の2製品に、ライトワークスの内部統制やコンプライアンス向け教育コンテンツを搭載して提供する。

日本版SOX法に関する基本的な知識や担当者が行う作業の概要、個人情報保護法への対策など、全22コンテンツが用意されている。これにより、社員はeラーニング形式で内部統制やコンプライアンスに関する知識や技術を修得できる。

(Security NEXT - 2006/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース