Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクホークス、案内メール誤送信で顧客のアドレス590件を流出

福岡ソフトバンクホークスマーケティングは、10月14日に案内メールを送信する際、誤って受信者のアドレスすべてが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、「チケットレスサービス」についての顧客向け案内メール。受信者のアドレスを「BCC」に設定するべきものを、誤って宛先欄に記載して送信したため、全受信者のメールアドレス590件が流出した。

今後はメール配信業務の全般について見直しを進め、個人情報の取扱いに関する教育を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意