Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報に関する届出状況を発表

情報処理推進機構(IPA)およびJPCERT コーディネーションセンターは、2006年第3四半期の脆弱性関連情報に関する届出状況をまとめ、発表した。

今回発表されたのは、2006年7月から9月までの脆弱性関連情報の届出状況。同発表によれば、ソフトウェア製品に関する脆弱性情報の届出件数は37件で、そのうち28件が公表された。その中には、「サイボウズOffice 6」において登録されているユーザーやグループに関する情報が漏洩する脆弱性や、「Movable Type」の検索機能におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性などが含まれる。

ウェブアプリケーションに関する脆弱性情報の届出件数は97件で、そのうち54件が修正完了となっている。「クロスサイト・スクリプティング」が約40%を占め、「SQLインジェクション」が21%と続き、いずれもこれまで同様多数発生している。これらの脆弱性は、個人情報の漏洩やデータ改ざんなどを引き起こす可能性があり、サイト運営者は適切なセキュリティ対策を実施するよう求めている。

IPAは脆弱性関連情報の届出受付を、JPCERT/CCは国内の製品開発者などの関連組織との調整を2004年7月より行っている。

(Security NEXT - 2006/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト