Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、委託作業員が顧客情報入り携帯端末を置き忘れ

東京電力は、10月13日、東京支店大塚支社の委託作業員が、顧客情報を含む携帯端末を置き忘れ、紛失したことを明らかにした。

紛失したのは、電力メーター交換の際に利用する携帯端末。顧客79名分の氏名、住所、電話番号などが含まれていた。同端末にはデータ保護のセキュリティ措置が講じられており、第三者は情報を閲覧できないという。

同作業員は、作業現場へ向かうためにオートバイに乗る際、端末を隣に駐輪されていた自転車のかごに置いたが取り忘れ、そのまま作業現場へ向かってしまったという。

その後気が付いて周辺を捜索したが見つからなかったため、紛失届を提出。同社では該当する顧客に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論