Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、管理の負担が軽いSaaS型企業向けセキュリティソリューション

マカフィーは、メンテナンスフリーのSaaS型の企業向けのセキュリティサービス「Managed Total Protection」を発表した。11月7日より提供を開始する。

同サービスは、「Managed VirusScan plus AntiSpyware」の後継製品。専任者などを常駐させない中小規模の企業や公共団体などを対象としたサービス。SaaS型サービスのため、利用者は従来製品から自動的にアップグレードされ、追加料金なども発生せず、遠隔地のユーザーなども利用できる。

最新版では、ウイルス検索エンジンをアップグレードしたほか、ファイアウォールを追加。ファイアウォールは、クライアント管理型だけでなく、ネットワーク管理者による集中管理にも対応。また管理コンソールである「SecurityCenter」のユーザビリティを向上させた。

利用者がURLをクリックするだけでインストールできるほか、管理者によるプッシュ型のインストールやコマンドラインによるサイレントインストールにも対応。1年から5年までのサブスクリプション契約や月額料金で提供される。ハードウェアの購入や設置費用といった初期費用といった負担がない。

従来製品より搭載している「ルーモア」機能は、同社が取得している特許を活用した機能で、ローカルネットワーク内のマシンが1台が更新ファイルをダウンロードしていれば、定義ファイルやアップデートを共有できるため、大量のマシンがアップデートする際もネットワークへ負担がかからない。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市