Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミラポイント、内部統制に活用できるメールアーカイブアプライアンスを発表

ミラポイントジャパンは、メールのアーカイブに特化したアプライアンス「Mirapoint ComplianceVault」シリーズを発表した。

同製品は、企業のポリシーに沿ってメールの送受信履歴を保存できるアプライアンス。一度記録したデータが変更できないWORM(Write Once Read Many)仕様となっており、内部統制や監査時の証拠としてメールを保存できる。

メールは、データを中継する際の保存やPOPやIMAPなどメッセージボックスへアクセスするアドオンなど、柔軟にメッセージを取得できる。また、復旧を目的としたバックアップ製品と異なり、件名や利用者、本文はもちろん、類似検索やあいまい検索にも対応する「検索ログ監査機能」を搭載。さらに監査時などに利用できるデータのエクスポート機能を装備。256bit暗号化によるWORMに対応したテープドライブなどへ保存することもできる。

同社プロダクトマネージャーの徳久賢二氏によれば、米国では、SOX法だけでなく、米証券取引法など個別法により通信記録の保存が求められているが、法律の準拠といった目的は28%程度で、内部統制やポリシー管理などを目的にとして導入されるケースが多々あるという。

今回発売するラインナップは、1Tバイトのストレージを搭載し、RAID 0で動作するエントリーモデル「Mirapoint ComplianceVault MCV100(430万円)」と3.7Tバイトのストレージを搭載し、RAID 5で動作するミッドレンジモデル「Mirapoint ComplianceVault MCV370(価格未定)」を用意。MCV100は本日、MCV370は11月に出荷を開始する予定で、今後はさらに大量のデータを保存できるモデルを発表する予定。


Mirapoint ComplianceVault MCV100

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も