Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で顧客メールアドレスが流出 - ニューズ・ツー・ユー

PR会社のニューズ・ツー・ユーは、10月12日に操作ミスが発生し、顧客メールアドレスが流出したと発表した。

顧客へイベントを案内するメール送信を行う際、送信先すべてを宛先へ設定したため、364件のメールアドレスが流出しもの。

同社では送信先に対して謝罪のメールを送信、メールの削除を依頼したという。窓口を設置すると同時に、経過報告や再発防止に関してメールや文書で案内を行っている。

同社では、事故の再発防止を目指し、複数の担当者による最終確認の徹底や、業務フローの見直し、社内教育の徹底などを行うとしている。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート