Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DVD販売サイトが一時ウイルスの踏み台に

イーネット・ジャパンが運営するDVD販売サイト「DVDirect」が、一時ウイルスの踏み台になっていたことがわかった。

同社によれば、10月6日の正午から20時までのあいだ、DVDirectのトップページと同ページのDVDトップページに問題があり、その間に閲覧した場合、ウイルスに感染するおそれが発生していたという。

原因は、ウェブページを更新するパソコンにウイルスが感染したためで、同パソコンにて更新したウェブページが改ざんされたという。問題のページへアクセスすると、ウイルス配信サイトへ誘導される可能性があったという。同社では、6日20時に同社パソコンへの感染を発見されたのち、ウェブページを修正、正常な状態へ回復した。

感染のおそれがあるウイルスは、「Downloader」「Infostealer.Wowcraft.D」「Infostealer.Wowcraft.E」「PWSteal.Wowcraft.C」といったトロイの木馬の亜種と見られており、ゲームのIDなどを盗む可能性があるほか、亜種のため、他の挙動が発生する可能性も否定できないとしている。

同社では問題となる時間帯に上記ページを訪れた場合、対策を取るようにアナウンスしている。また、発表が遅れたことについて謝罪し、今後も詳細が判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も