Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、システム管理者の操作ログを記録する新製品

エンカレッジ・テクノロジは、システム管理時の操作を記録する「ESS REC V3.03」「Remote Access Auditor for Multi Session V1.1」「ESS REC for Citrix Presentation Server V1.1」に搭載された「ESS REC Auditor」の機能を強化し、10月下旬より発売する。

最新バージョンの「ESS REC Auditor」では、利用者からの要望が多かったシステム管理業務の監査へ対応できるよう、機能の拡張。システム管理操作やアプリケーション操作の記録が可能となった。ログオンやウィンドウ操作、デバイスの利用や通信、アプリケーションの利用などを記録する。

また、不正な操作を検出、操作を再現する機能やレポート機能を搭載。さらに、多角的に監査報告書を自動生成でき、カスタマイズにも柔軟に対応した。またRAAシリーズではリモート保守業務時の操作ログを記録できる。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も