Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺の新手口 - 芸能ゴシップにご用心

芸能人のゴシップ情報を利用してワンクリック詐欺サイトへ誘引するケースが増えていることがわかった。

URLフィルタリングサービスなどを手がけるネットスターの調査により判明したもの。同2005年下半期では、7割以上がアダルトサイトや出会い系サイトを利用したものだったが、芸能情報の配信を偽装するケースが増えており、「ゴシップを掲載するブログ」の体裁を装ったものが多いという。

同社リサーチセンターのまとめによれば、芸能情報により誘い込む手口は、2006年第3四半期に発見されたワンクリック詐欺サイトの全体の5割を占めるという。

それらサイトでは、芸能人の写真やリンクをクリックすると詐欺サイトにアクセスするよう作成されており、子供などが誤って悪質なサイトへアクセスしてしまう可能性もあるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も