Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBIベリトランス、数十分で発行できるSSLサーバ証明書の取り扱いを開始

SBIベリトランスは、ソートジャパンのSSLサーバ証明書「ソートSSL123サート」の取り扱いを開始する。

同証明書は、利用ドメイン名が登録済みであることを認証済みのSSLサーバ証明書をサイト運営者が購入していることを証明するもの。申込者とドメインが一致することを確認できれば、数十分で発行することができる。

SBIベリトランスでは、日本ベリサインやビートラステッド・ジャパンのSSLサーバ証明書の販売を行っているが、「ソートSSL123サート」をラインナップへ追加することで商品力の強化を図る。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送