Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セブン銀行、ATMの取引情報約4万件を含むMOを紛失

セブン銀行のATM取引情報4万2858件を記録したメディアが所在不明になっていることがわかった。口座情報など個人情報が含まれる。

同行が紛失したとされるMOディスクは、茨城県内のセブンイレブン下妻本城店に設置されたATMにおける、2005年12月28日から2006年8月21日までの取引情報4万2858件が記録されていた。顧客の氏名、口座番号、金融機関名、取引金額、残高などが含まれる。暗証番号情報は含まれないという。

同ディスクを保管委託先から取り寄せた後、社内で所在不明となった。同行では、誤って廃棄した可能性があり、さらにディスク内のデータが暗号化され、解読には専用のソフトウェアが必要であることから外部へデータが流出する可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2006/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件