Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、複数のLDAPサーバを仮想的に一元管理できるアプライアンスを発売

ネットスプリングは、LDAPベースの認証に特化したアプライアンス「AXIOLE」を10月31日より発売する。対応するアカウント数が異なる4モデルを用意、1000アカウントから1万アカウントまで対応する。価格は99万円から。

同製品は、LDAPやRADIUS認証に対応した認証アプライアンス。同製品上で認証ポリシーを管理することで、外部LDAPサーバの変更などを行わずに認証管理することが可能。複数のLDAPサーバを仮想的に統合管理を行うこともできる。また、時間やIPなどにより、ユーザーやグループに対してアクセス制限を行える。

認証に特化し、認証サーバ構築に必要なスキーマがあらかじめ用意されているため、高度なLDAPサーバーの構築に比べて導入が容易。ウェブベースのコントロールパネルにより運用でき、利用者のパスワード再発行などもウェブベースでユーザー自身が再取得できるインタフェースも提供され、管理者の負担を軽減できる。

同社では、今後NACや同社が開発を進めているFelicaカードによる認証製品などとの連携なども計画している。

(Security NEXT - 2006/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も