Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、ネットワーク監視ツール「PATROLCLARICE」に「カスタムグラフ機能」を追加

コムスクエアは、「カスタム監視機能」などの新機能を追加した、サーバ、ネットワーク監視ツールの最新版「PATROLCLARICE Ver.2.7.0」を発売する。

同製品は、エージェントレス方式を採用したネットワーク機器監視ツール。プログラムをサーバ内へインストールする必要がなく、ウェブサイトの改ざんやログキーワード、サーバやネットワークへの高負荷なトラフィックといった異常や障害を監視し、管理者へ通知する。

最新版では、監視結果のグラフ表示や配置をユーザーが自由に設定できる「カスタムグラフ機能」を追加。また「カスタム監視機能」により、ルータやスイッチ内のコマンド実行結果が監視できるようになった。

そのほか、ルータやスイッチのリンクアップ状態を監視する「リンクアップ監視機能」や、グループ単位でスケジュールの詳細な設定を可能にする機能など、さまざまな新機能が追加された。

(Security NEXT - 2006/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート