Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、ネットワーク監視ツール「PATROLCLARICE」に「カスタムグラフ機能」を追加

コムスクエアは、「カスタム監視機能」などの新機能を追加した、サーバ、ネットワーク監視ツールの最新版「PATROLCLARICE Ver.2.7.0」を発売する。

同製品は、エージェントレス方式を採用したネットワーク機器監視ツール。プログラムをサーバ内へインストールする必要がなく、ウェブサイトの改ざんやログキーワード、サーバやネットワークへの高負荷なトラフィックといった異常や障害を監視し、管理者へ通知する。

最新版では、監視結果のグラフ表示や配置をユーザーが自由に設定できる「カスタムグラフ機能」を追加。また「カスタム監視機能」により、ルータやスイッチ内のコマンド実行結果が監視できるようになった。

そのほか、ルータやスイッチのリンクアップ状態を監視する「リンクアップ監視機能」や、グループ単位でスケジュールの詳細な設定を可能にする機能など、さまざまな新機能が追加された。

(Security NEXT - 2006/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE