Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送電支援システムに関する資料が再委託先からWinny流出 - 東北電力

東北電力は、再委託先社員のパソコンから、送電支援システムの開発に関する資料などがWinnyを介してネット上に流出したことを明らかにした。個人情報は含まれないとしている。

流出したのは、同社の「送電業務総合支援システム」開発に関する設計書、およびレビュー報告書の一部。設備情報など電力の供給に影響を与える情報や、個人情報などは含まれないとしている。

同社システム設計の委託先東北インフォメーション・システムズの再委託先であるジャステック従業員のパソコンから、Winnyを介して流出したと見られているが、詳しい経緯などは現在調査中という。外部からの指摘により判明した。同社では、今回の事件を受け、委託先の情報の厳重管理を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J