Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、認証精度を改良した小型指静脈認証装置などを発売

日立製作所は、小型で非接触タイプの「日立指静脈認証装置」と、大規模システム向けの認証サーバ用ソフト「指静脈認証管理システム」を日立ソフトウェアエンジニアリングと共同で開発し、11月22日より発売する。

同社の指静脈認証装置はこれまで、金融セキュリティ分野に向けて提供されてきた。今回、

同製品は、ITセキュリティ分野をターゲットにした指静脈認証装置。BioAPI 2.0に対応、フードを採用することで上部に外光の影響を抑えたほか、認証時の指への透過光の照射方向を変更するなどの改良を行うなど認証精度を高めた。価格は2万9400円。

また認証管理システムでは、企業内システムにアクセスする際の指静脈による本人認証を行うだけでなく、業務アプリケーションへのアクセス状況などの一元管理も可能にする。価格は1クライアント当たり2万1000円。

(Security NEXT - 2006/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生