Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベクター、ウイルス感染ソフトのダウンロード数を下方修正

ベクターは、同社ポータルサイトでウイルス感染ソフトを公開した事故について、ダウンロードされたソフトの件数を下方修正した。

同社では、当初3986タイトルにウイルスが感染し、感染タイトルのうち、807タイトルがダウンロードされ、のべ7873回のダウンロードが行われたとしていた。ウイルス感染ソフトの一覧を修正し、調査の結果、感染した可能性があるソフトを155本、最大1107回とアナウンスした。

また同社では、複数のウイルス対策ソフトによる監視体制の冗長化やファイル保管サーバとWindowsネットワークとの隔離など、再発防止策を実施したという。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市