Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京社会保険事務局、被保険者の個人情報約4000件を紛失

東京社会保険事務局は、新宿および神田社会保険事務所において、被保険者に関する個人情報が記録されたフロッピーディスクと年金手帳の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、管内の事業所から提出された「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届」などが収録されたフロッピーディスクで、4708件の情報が含まれていた。また、年金手帳も紛失しており、いずれも誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

該当する事業所に対し説明と謝罪をしたうえで、予備のフロッピーディスクで処理を行った。また、紛失した年金手帳の所有者に対しては、謝罪をして基礎年金番号を変更したという。

さらに港社会保険事務所では、「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書」を別事業所に誤送付していたことが判明。書類はすでに回収済みだという。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備