Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京社会保険事務局、被保険者の個人情報約4000件を紛失

東京社会保険事務局は、新宿および神田社会保険事務所において、被保険者に関する個人情報が記録されたフロッピーディスクと年金手帳の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、管内の事業所から提出された「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届」などが収録されたフロッピーディスクで、4708件の情報が含まれていた。また、年金手帳も紛失しており、いずれも誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

該当する事業所に対し説明と謝罪をしたうえで、予備のフロッピーディスクで処理を行った。また、紛失した年金手帳の所有者に対しては、謝罪をして基礎年金番号を変更したという。

さらに港社会保険事務所では、「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書」を別事業所に誤送付していたことが判明。書類はすでに回収済みだという。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE