Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソフト、USBメモリ経由の情報漏洩を防止するソリューション

日立ソフトウェアエンジニアリングは、USBメモリ経由の情報漏洩を防止するセキュリティソフト「秘文 AE CopyGuard Professional」を発売した。

同製品は、セキュリティ機能を搭載したUSBメモリへインストールして利用するセキュリティソフト。USBメモリ上のOffice文書を暗号化した上で保存でき、USBメモリ以外への保存などを防止することができる。さらに持ち出しや編集といった操作内容をログに保存することが可能。

さらに、外部記憶媒体への持ち出しを制御する「秘文 AE Information Fortress」と組み合わせ、コピーできるUSBメモリを限定することでより効果的にデータの持ち出しを制限、情報漏洩を防止できる。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も