Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、9月のウイルストップ10を発表 - 新規ウイルス数が前月の2倍に

ソフォスは、2006年9月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、9月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.33%で、先月よりも比率は下がった。しかし、9月に登場したウイルスは4080件と、先月の1998件から2倍に増加している。

同社によれば、あらたに登場したウイルスの多くは個人情報や機密情報の詐取を目的としたもので、同社では、主流が大量メール配信による無差別の攻撃から、ターゲットを絞った小規模なものへ移行していると分析。チャートの上位を占めている大量メール配信型の古いウイルスと比べると、より深刻な被害を与えるとして注意を促している。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Bagle-Zip
W32/Nyxem-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-E
W32/Mytob-C
W32/Zafi-B
W32/MyDoom-O
W32/MyDoom-AJ

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定