Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染ソフト提供問題でベクターが謝罪 - 「過去の事故とは異なる」

ベクターは、同社ポータルサイトにおいてウイルス感染したソフトを公開した問題を受けてウェブ上で謝罪し、事故の原因や経緯を究明し、対策案を講じる考えを示した。

今回の問題は、社内ネットワークやパソコンへウイルスが感染し、さらに公開ソフトへ感染が拡大したもの。同社が公開する3986本が感染し、のべ7837回ダウンロードされた。同社では、詳細が判明した29日よりウイルス感染ソフトの一覧と対策法を掲載して注意を呼びかけている。

同社によれば、以前にもウイルスが感染したタイトルを公開する事故が発生したことがあるという。ただし、タイトル数が少なく、作者より提供された時点でウイルスに感染していたなど、同社内で感染が広がった今回の事故と根本的に原因が異なる。同社では徹底して原因究明などを行うとしている。

(Security NEXT - 2006/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か