Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントラスト、認証強化プラットフォーム「IdentityGuard」の最新版を発売

エントラストジャパンは、インターネットや企業アプリケーション向け認証ソリューションの最新版「Entrust IdentityGuard 8.1」を発売した。

同製品は、「乱数表」「機器」「ワンタイム・パスワード・リスト」「アウトオブバンド」「ナレッジベース」など複数の認証を提供し、組み合わせて利用することで認証を強化できるソリューション。ユーザー側の認証だけでなく、サービスを提供する企業側のサーバの真正性を証明する相互認証機能を提供し、なりすましやフィッシングを防止できる。

今回発売される最新版では、Vascoのハードウェアトークンによるユーザー認証が可能になったほか、対応するサーバプラットフォームが追加された。価格は、サーバライセンスが330万7500円。ユーザーライセンスは、1000ユーザーで176万4000円。クライアントモジュールは無償で提供する。

(Security NEXT - 2006/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も