Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントラスト、認証強化プラットフォーム「IdentityGuard」の最新版を発売

エントラストジャパンは、インターネットや企業アプリケーション向け認証ソリューションの最新版「Entrust IdentityGuard 8.1」を発売した。

同製品は、「乱数表」「機器」「ワンタイム・パスワード・リスト」「アウトオブバンド」「ナレッジベース」など複数の認証を提供し、組み合わせて利用することで認証を強化できるソリューション。ユーザー側の認証だけでなく、サービスを提供する企業側のサーバの真正性を証明する相互認証機能を提供し、なりすましやフィッシングを防止できる。

今回発売される最新版では、Vascoのハードウェアトークンによるユーザー認証が可能になったほか、対応するサーバプラットフォームが追加された。価格は、サーバライセンスが330万7500円。ユーザーライセンスは、1000ユーザーで176万4000円。クライアントモジュールは無償で提供する。

(Security NEXT - 2006/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ