Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコ、委託先の廃棄PCから顧客情報が流出

オリエントコーポレーションは、業務委託先が廃棄したパソコンに残存していた顧客情報365件の流出が判明したと発表した。

流出したのは、クレジット債権などに関わる顧客の個人情報365件。氏名、住所、電話番号などが含まれる。業務委託先であるオリファサービス債権回収へ分割吸収されたオリファサービスの従業員が、2004年10月にパソコンを廃棄した際、ハードディスク内のデータ消去が不完全で、残存していた顧客情報が流出したと見られている。

同社では、対象となる顧客を特定して説明と謝罪をしている。今後は委託先と連携して対策を講じ、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか