Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコ、委託先の廃棄PCから顧客情報が流出

オリエントコーポレーションは、業務委託先が廃棄したパソコンに残存していた顧客情報365件の流出が判明したと発表した。

流出したのは、クレジット債権などに関わる顧客の個人情報365件。氏名、住所、電話番号などが含まれる。業務委託先であるオリファサービス債権回収へ分割吸収されたオリファサービスの従業員が、2004年10月にパソコンを廃棄した際、ハードディスク内のデータ消去が不完全で、残存していた顧客情報が流出したと見られている。

同社では、対象となる顧客を特定して説明と謝罪をしている。今後は委託先と連携して対策を講じ、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ