Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTPC、リスクマネジメントサービス2種を提供開始

NTTPCコミュニケーションズは、企業向けリスクマネジメントサービスとして「脆弱性診断サービス」および「資産管理サービス」を10月16日より提供開始する。

脆弱性診断サービスでは、ネットワーク上のサーバやPC、ネットワーク機器を診断し、脆弱性が発見した場合にはメールで通知する。また、脆弱性の危険度を数値化した診断レポートを提供するため、効率的な対策を講じることができる。

資産管理サービスでは、ネットワークに接続されたPCを定期的に検出し、資産台帳データとの照合結果をポータルサイトで通知する。台帳にない管理外のPCは不正端末としてメールで通知するとともに、ネットワークから遮断する機能もオプションで提供される。

利用料金は、いずれも1端末当たり月額315円。なお、同社のMaster’sONEネットワークサービスのユーザーを対象に、脆弱性診断サービスは1年間、資産管理サービスは2週間に限り無料で利用できるキャンペーンを実施する。

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県