Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCやサーバ内の個人情報を文脈解析により検出するソフト - FFC

エフ・エフ・シーは、パソコンやサーバ内の個人情報、および機密情報を含むファイルを検出するソフト「SecretBarrier」を、9月28日より発売する。

同製品は、パソコンやサーバ内をスキャンして、名前や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報や、あらかじめ設定したキーワードが含まれるファイルなどを検出するソフト。前後の文脈から推定して検出する「NE抽出」のほか、パターン照合や形態素解析といった複数の方式を組み合わせることで、高精度の検出を実現したという。

また、検出結果の一括管理やレポートの自動作成にも対応。さらに、検索条件を設定した監査ポリシーを各クライアントに一斉配信できる。価格は3990円。クライアント機能のライセンスが4179円から。サーバ機能のライセンスが39万9000円となっている。

(Security NEXT - 2006/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ