Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活審議会、個人情報保護法の検討課題をとりまとめ

内閣府国民生活審議会の個人情報保護部会は、個人情報保護法の施行状況を調査し、検討課題をまとめた。

まとめによれば、事業者により取り組みに差があり、中小企業など真摯に取り組んでいるがゆえに、負担となっている事業者がある一方、対策が不十分な事業者もあると指摘。悪質な事業者に対する監督の強化なども検討課題としている。

また、法律の対象を保有する個人情報が5000件を越える場合としている点の妥当性や同窓会や自治体といった団体の取扱なども検討課題としている。

さらに法律の理解が正しく行われず、「過剰反応」が発生しており、法律の解釈や運用基準の明確化やガイドラインの見直し、啓蒙活動の必要性があるとしている。

(Security NEXT - 2006/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク