Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政機関と独立法人で発生した個人情報関連事故は1175件

総務省は、2005年度の行政機関や独立行政法人における個人情報保護法の施行状況をとりまとめ、公表した。

個人情報保護法施行後、はじめての調査となる。管理規則などはすべての機関で整備されており、監査や点検、教育なども一部で未実施ながらも広く実施されているという。個人情報を含むファイルは、行政機関が8万0624個、独立行政法人が1万8794個を保有している。

個人情報漏洩や滅失、毀損事件は、行政機関において320件が発生。さらに独立行政法人では855件の事故が発生しており、いずれも誤送付や誤交付、誤送信が多かったという。すべての事故において、事後対応として、教育や研修などが行われているという。

(Security NEXT - 2006/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ