Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゆうちょ、ICキャッシュカード対応へ - 指静脈による本人認証も

日本郵政公社は、ICチップを搭載した「郵便貯金ICキャッシュカード」の発行を10月2日より開始する。

すでに銀行といった金融機関が、従来の磁気タイプよりセキュリティが高いととしてICカードへの発行を開始しているが、日本郵政公社でもICカードを発行する。

今回発行されるのは、Edy付きのものとEdy未対応の2種類。新規発行および切り替えは、全国の郵便局で受け付け、発行手数料も無料。

ATMによる1日の利用上限額の設定範囲が、これまでの50万円から200万円に引き上げられるほか、指静脈情報による本人認証に対応し、みずほ銀行、三井住友銀行、第四銀行、京都銀行のATMでも可能となる。

生体認証の利用を希望する場合には、改めて郵便局で登録する必要があるほか、未対応のATMでは、従来通り磁気ストライプを用いた暗証番号による本人確認となる。

(Security NEXT - 2006/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応