Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報3371件が従業員のPCからWinny流出 - 愛媛の学習塾

寺子屋グループは、ウイルスに感染した従業員のパソコンから、生徒の個人情報3371件がWinnyネットワーク上に流出していたことを明らかにした。

流出していたのは、同社の伊予教室に2002年から2006年3月まで在籍していた生徒の個人情報3371件。氏名、住所、電話番号、成績などが含まれる。

今年3月、同教室の当時担当者がデータを移動させるために無断で持ち出し、一時的に自宅のパソコンに保存。その後ウイルスに感染したことにより、Winnyを介して流出したと見られている。

経済産業省や関連団体からの指摘があり判明した。同社では該当する生徒および保護者に対し、書面で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2006/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大