Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

二重入力でファックスの誤送信を防止する新製品 - レッツコーポレーション

レッツコーポレーションは、番号の入力ミスによるファックスの誤送信を、二重入力による番号照合で防止するセキュリティ製品「Double Dial 64」「同512」を、9月下旬より発売する。

同製品は、ファックスを送信する際、ファックス機本体と同製品へ番号入力が必要となり、一致した場合のみ送信を許可するため、入力ミスによる誤送信を防止できる。

短縮ダイヤルの登録も可能で、「DoubleDial 64」は300件、「DoubleDial 512」は1000件登録できる。短縮ダイヤルによる照合は対応するファックス番号で実行されるため、短縮番号の変更や登録間違いがあっても正しく照合が行われる。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2006/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備