Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉ガス、協力会社が車上荒らしに遭い顧客情報が盗難

千葉ガスは、9月9日に協力会社の作業用車両が成田市において車上荒らしに遭い、顧客情報25件が記載された領収証控えなどが盗まれたと発表した。

盗まれた書類には、ガス機器の修理代金を支払った顧客の氏名、住所、修理代金、修理内容など25件が記載されていた。作業のため書店の駐車場に車両を止めていたが、窓を破壊され鞄ごと盗まれたという。今回、未使用の領収書なども合わせて持ち去られている。

同社では、該当する顧客に対し個別に謝罪。今後は協力会社と連携して、管理体制を強化するなど再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2006/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も