Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、定額制のタイムスタンプサービスを提供開始

PFUは、電子文書向けタイムスタンプサービスに従来のプリペイド方式にくわえ、「定額制サービス」を追加、ラインナップを拡充した。

同サービスは、あらゆる電子文書や電子データにタイムスタンプを付与するサービスを、定額制で提供するもの。企業内のパソコンやサーバからの発行要求を一元管理するソフトも提供される。

基本サービスは、1秒間に1タイムスタンプを発行でき、基本料金は年額240万円。追加料金により発行数を増やすことも可能。発行するタイムスタンプを1秒間に1タイムスタンプ増加させるごとに、年額240万円が追加となり、最大5タイムスタンプまでの追加に対応する。

(Security NEXT - 2006/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始