Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、定額制のタイムスタンプサービスを提供開始

PFUは、電子文書向けタイムスタンプサービスに従来のプリペイド方式にくわえ、「定額制サービス」を追加、ラインナップを拡充した。

同サービスは、あらゆる電子文書や電子データにタイムスタンプを付与するサービスを、定額制で提供するもの。企業内のパソコンやサーバからの発行要求を一元管理するソフトも提供される。

基本サービスは、1秒間に1タイムスタンプを発行でき、基本料金は年額240万円。追加料金により発行数を増やすことも可能。発行するタイムスタンプを1秒間に1タイムスタンプ増加させるごとに、年額240万円が追加となり、最大5タイムスタンプまでの追加に対応する。

(Security NEXT - 2006/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
個人情報やハンドル名の取り扱いで謝罪 - 岩本町芸能社
「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院