Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライバシーマーク認定企業に改善要請 - 情報サービス産業協会

プライバシーマーク付与認定指定機関である情報サービス産業協会は、認定事業者であるインテックに対し文書による改善要請を行った。

インテックでは、7月に管理する精神疾患の患者情報約1600件が、同社社員の私有パソコンからWinny上へ流出する事故が発生。それを受け、同社に対して個人情報の取り扱い状況について改善を求めたもの。プライバシーマーク制度では、「認定取消」に次いで重い処分となる。

同協会が求めている改善策は、「個人情報のリスク分析、対応の点検」「機微な個人情報の管理体制の確認」などの管理体制見直しや、「流出した個人情報の削除」といった事故対応などあわせて6項目。同協会では、3カ月以内に適切に対応が行われない場合、認定が取り消すとしている。

(Security NEXT - 2006/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市