Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本コモド、ルート認証局の公開鍵長を2048ビットへ強化

日本コモドは、同社が運営するSSLサーバ証明書のルート認証局で新しい証明書を採用すると発表した。

あらたに採用される公開鍵の証明書は2048ビットで、ルート認証局は「UTN-USERFirst-Hardware」。署名アルゴリズムについても従来のmd5からsha1へ変更した。発行は、10月23日より開始する。今回の変更による従来発行したサーバ証明書への影響はない。

同社は、今回の変更に伴い有効期限が3年間となるサーバ証明書の発行を開始する予定。価格は12万6000円。1年(6万3000円)や2年(9万4500円)の証明書より割安に設定されている。

(Security NEXT - 2006/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町